弁護士に相談する前に

Pocket

相談国際離婚をする時には、まず弁護士に相談する事がおすすめです。弁護士は法律のプロですから、国際離婚に関する法律もきちんと知っていますので的確なアドバイスを受ける事が期待できます。
しかし、弁護士ならば誰でも国際離婚について詳しいという訳ではないので注意しなくてはいけません。弁護士といっても得意な案件と不得意な案件があり、国際離婚を得意としている弁護士を選ばないとスムーズで的確な相談をする事は難しくなってしまうでしょう。

弁護士を選ぶ時には、なによりも実績を重視しておく必要があります。国際離婚での実績がある弁護士ならば手続きや問題点についてのさまざまな相談をする事ができます。スムーズな相談をして的確なアドバイスを受けるためには、やはり実績があるかどうかに注目しておくと良いでしょう。豊富な実績があれば相談する側も安心できますし、アドバイスなども素直に従おうと思えるのではないでしょうか。

またなるべく近くに事務所のある弁護士を選ぶというのも重要です。特に離婚についての話し合いがこじれてしまっているという場合、何度か相談をしなくてはいけない場合もあります。そういった時に遠い場所にある事務所では通うだけでも大変ですし、余計な費用や時間がかかってしまいますから、なるべく近い場所にあるかどうかという点も注目すべきポイントとなります。


参考・・・離婚弁護士
国際離婚に対応している【小原特許事務所】です。

離婚後の問題点とは

Pocket

国際離婚の問題点はなにも離婚が成立する前のものばかりではありません。離婚後にもいくつか問題点があり、これも知っておかないと離婚後にさらに余計なトラブルに巻き込まれてしまう事もあります。国際離婚の離婚後に起き得る問題は、片方だけに関係するものから両方に関係するものまでさまざまです。では、国際離婚の離婚後に起きる問題としてはどのようなものがあるのでしょうか。

困った顔まず最初に起きる可能性がある問題としては、離婚が成立した時に外国籍しか持っていない配偶者はすぐに帰国する必要があるのかという点です。国際結婚時には配偶者ビザで日本に居住する許可を得られますが、これはあくまで結婚時だけのものなので離婚時成立後は在留資格の変更をする必要があります。この在留許可を得る事ができれば離婚後でも日本に居住する事ができ、さらに定住した期間が長いならば帰化する事もできます。離婚後も無条件で日本に居住し続けられるという訳ではないので注意しておきましょう。

また離婚後の姓はどうなるのかという問題もあります。国際結婚の場合、日本人であっても配偶者の国の姓を名乗る事があり、離婚後にその姓がどうなるのかを知らないと、戻せなくなってしまう事もあります。もし外国人配偶者の姓を名乗っていた場合は、離婚後3か月以内に手続きをする事で、以前の姓に戻る事が可能となります。

国際離婚の問題点

Pocket

国際離婚で問題となるポイントはいくつかありますが、まず気にしたい問題点としては日本と外国、どちらの法律が適用されるのかという点です。国際離婚においてどちらの法律が適用されるのかはきちんと決まっており、これを知らないと日本の法律で離婚ができる案件でも外国の法律では離婚が認められず、適用されたのが外国の法律であったため離婚ができにないという事態もあり得ます。どちらの国の法律が適用されるのかというのは細かく決められているため、できれば事前に知っておくと良いでしょう。

話し合い次に日本で離婚手続きができるのかどうかという問題もあります。もし外国の裁判所でしか離婚手続きができないという場合、移動の費用なども併せて考えなければいけませんから、思わぬ出費を招く事になってしまいます。日本で離婚手続きができるのはどういう場合か、海外の裁判所に行く必要がある場合はどこでやる必要があるのかなどを知っておくと、国際離婚がスムーズに行えて出費も抑える事ができるでしょう。

また、配偶者との間に子供がいた場合子供はどうなるのかという問題はとても重要です。どちらに親権を渡すことになるのか、もし親権について配偶者と話し合いで解決できなかった場合にどうする事になるのかなど、子供に関しての問題は非常に重要となってきます。子供の将来に直接かかわってくるものですから、国際離婚において子供がいる場合はこれらの問題をきちんと知っておきましょう。

国際離婚とは何か

Pocket

夕焼け国際離婚は通常の離婚とは異なり、夫と妻の両方、またはどちらかが日本以外の国の国籍を有している、または住所が外国にある夫婦が離婚する事を指します。国際離婚が通常の離婚と大きく違う点として、外国の法律や制度なども関係していくるというものがあり、ただ離婚届に記入して終わりという事にならない場合も多くあります
外国籍を持っている人と結婚をする方は近年増えてきていますから、それに伴って国際離婚の件数も増加している傾向にあります。もしこれから国際結婚を考えているという方や、現在国際結婚をしており、何らかの理由で相手との離婚を考えなくてはいけないという方は、まず国際離婚がどういったものなのかを知りましょう。

国際離婚をする時には、国際離婚の問題点やどういった方に相談すればよいのかなどを考えなくてはいけませんが、基本的に弁護士に相談をするという点は国際離婚であっても通常の離婚と変わりません。弁護士は法律に精通しているプロですし、海外の法律についてもある程度の知識を持っているため、国際離婚などについて相談をすると頼りになります。
しかし弁護士ならば誰でも良いという訳ではなく、きちんとどの弁護士に相談するのかを選ばなくては費用だけが無駄にかかってしまうという危険もあります。どういったポイントに注目して弁護士を選ぶと良いのかも知っておくと、費用などを節約して弁護士に相談する事ができます。

当サイトでは国際離婚についてのいくつかの知識と、弁護士を選ぶ時のポイントについて簡単な解説をしていきます。これから国際結婚を考えている方や、国際離婚をする事になったという方が国際離婚について知識を得て、どういった問題点があるのかなどを知り余計なトラブルを抱え込まないようにしましょう。