国際離婚の問題点

Pocket

国際離婚で問題となるポイントはいくつかありますが、まず気にしたい問題点としては日本と外国、どちらの法律が適用されるのかという点です。国際離婚においてどちらの法律が適用されるのかはきちんと決まっており、これを知らないと日本の法律で離婚ができる案件でも外国の法律では離婚が認められず、適用されたのが外国の法律であったため離婚ができにないという事態もあり得ます。どちらの国の法律が適用されるのかというのは細かく決められているため、できれば事前に知っておくと良いでしょう。

話し合い次に日本で離婚手続きができるのかどうかという問題もあります。もし外国の裁判所でしか離婚手続きができないという場合、移動の費用なども併せて考えなければいけませんから、思わぬ出費を招く事になってしまいます。日本で離婚手続きができるのはどういう場合か、海外の裁判所に行く必要がある場合はどこでやる必要があるのかなどを知っておくと、国際離婚がスムーズに行えて出費も抑える事ができるでしょう。

また、配偶者との間に子供がいた場合子供はどうなるのかという問題はとても重要です。どちらに親権を渡すことになるのか、もし親権について配偶者と話し合いで解決できなかった場合にどうする事になるのかなど、子供に関しての問題は非常に重要となってきます。子供の将来に直接かかわってくるものですから、国際離婚において子供がいる場合はこれらの問題をきちんと知っておきましょう。